ご予約は早めにメールにて連絡ください!

ロッドトローリング釣法2

合計:1912 今日:2 昨日:3


ホームページの著作権法及び国際条約

このホームページに掲載されている全てのコンテンツ(文章及び画像)はホームページマスター(サイト運営者)の生田が所有し、著作権法及び国際条約で保護されています。ホームページの全部又は一部について無断転載・使用を禁止します。コンテンツは原則として、どのような複製および再頒布も法律により堅く禁止されており、かかる行為は法律により罰せられることがありますのでご注意ください。


鈴鹿沖 サワラの釣り方

<2018.10.23更新>
「SRV桑名のMさん」より提供して頂きましたので、皆さんも参考にしてくださいね。
トローリングの趣旨について記述されていますが、小生の場合ナブラの無いとき、鳥山の見えない時はトローリングで流して、魚探にイワシ等のベイトが映った時、或いはナブラ及び、鳥山を発見した時はキャスティングに切り替える釣りをしています。尚、トローリング時もキャスティング時もルアーは同じ物です。先日も書かせて戴いた様に、ミノーで通しています。 ボートの速度はロッドの穂先が最大に震える事!!(凡そ8㌔~10㌔)Duoのマックスブレイジン50g(ほぼピンクが多いです) 理由はトローリングでも使え、キャスティングでも自重がある為、飛距離が出る事に加え、ヘビーシンキングでもあり、ジグ並みに沈みが早いことが理由です。トローリングは確かにタルイ時間を浪費しますが、上述の通り1本のロッドでその両方の釣り方を可能にします。最近では楠沖の赤い水門より相当四日市寄りの水深15mライン辺りがヒット率が高くなっています。上記を参考にジギング船の集まりに惑わされず、釣趣をお楽しみ下さい。


ロッドトローリングのロッドセッティング方法(ロッドの角度)

<2020.08.9更新>
ロッドホルダーについてですが、生田さんのお気づきの通り理由があります。トローリングに使用するルアーはミノーです。ミノーの種類によりリップへの水圧は違いがあります。水をより噛みやすい様にロッドは海面と水平になる様にしています。ケンケンの様にロッドが立てばミノーは海面に飛び上がり絡まりを誘発し、何より魚へのアピール力が極端に薄くなります。水平に設定し、道糸を約60㍍出す事でミノー本来の働きを最大限にする為のものです。私達が使うビッグバッカーやピンテールEZ45等は、時速8km〜9kmで海面下3㍍を永走しています。これがロッドホルダーの角度がもつ意味となります。

ロッドに角度がつけばつくほど、浪が高い時には波の山を過ぎる時にはミノーが飛び出しそうになりますが、ロッドを海面ギリギリとなるようにして泳ぎの弊害を減らしています。私の場合、海面と水平です。角度ゼロにしています。ただし、ロッドホルダーはほんの僅かに前方向に向けてあります。これはボートを転回した時に、ロッドと道糸が真っ直ぐになった時にたまたまヒットしたらロッドがホルダーから抜けてしまう事を懸念しての対応です。最初にトローリングをやり始めた頃はロッドが落下する事を恐れて尻手ロープを着けてましたが、やり取りの最中にリールに干渉して邪魔になり尻手ロープはやめました。ドラグをトローリング速度で出ない程度の軽い状態にしていても、ヒットしてホルダーから抜こうとすると相当な負荷が、あり手放さない限り落下はないと判断しやめました。


シンキングミノー Mさん推奨品  第二弾

<2023.10.13更新>
今年の春までは1.ジャッカル BIGBACKER NABRA MINNOW 120SL37gサワラ用しか当たらなかったのですが、秋からはこの明滅腹ピンもサッパリ当たらなくなりました。また、サゴシが沸いているようでブリやワラサ系は伊良湖方面へでてしまったようで全く当たらなくなりました。そこで代替えミノーを紹介します。


ピンテール サゴシチューン 90㎜、28g、フック#5

フックは#4に交換した方が良いとの事ですが、これはサゴシのエサと言う通リサゴシしか当たらないようです。サゴシでも60㎝前後あると美味しいですね。

画像の説明


ピンテール サワラチューン 105㎜、35g、フック#4 、グロー

画像の説明


ピンテール サワラチューン 120㎜、42g、フック#2、グロー

画像の説明


シンキングミノー Mさん推奨品

<2019.10.29更新>
次々ミノーの種類が変わって行きますが、来年も時期と連動しながらの今年と同様のパターンかと推察されますので、来年の為にも必要ですね。

2020.05.08実績ありと言うか、これしか当たらないのです。

1.ジャッカル BIGBACKER NABRA MINNOW 120SL37gサワラ用

画像の説明

画像の説明

画像の説明

雨あとには意外とオレンジもよくヒットしてますよ。

①明減腹ピン

②ビンクバックイワシ

③イワシ、

④オレンジ

2.ジャクソンのピンテールEZ45 アカハライワシ45g110㎜(ブリ用)

画像の説明

・JA132E アカハライワシ(一番実績があり、2019年1個切られてロスト)
画像の説明

・JA132C ピンクバック(2020.09購入 まだ不明です)
画像の説明

・JA132G Wアカキン(2020.09購入 まだ不明です)
画像の説明

キャスティング用
①ブルーブルー:バシュート!!!105 #05:キラキラシラス【ミノー・シャッド】40g

②duoのマックスブレイジン50g
背中がピンクでお腹はシルバーで、昨年同様です。
又、背中がイエローもバッチリです(^o^)

③ジャクソン ピンテールサワラチューン105㎜、38g「SWE サワラのエサ 」

④ブラックジャック ナブラミノー スリムロング 120SL 120㎜ 35g(ブリ用)

➄シマノ サイレントアサシン120Fフラッシュブースト XU-112T 003 Fカタクチ
 2020年新発売(サワラ用)
画像の説明

画像の説明

ビッグバッカーは8km位で2.5㍍位潜ります。ピンテールEZは同速度で3㍍位ですが、
何故かビッグバッカーにはサワラが多くヒットして、ピンテールEZ45だとブリ!
不思議ですが、こちらとしては使い分けによる対象魚をコントロール出来て勝手が良いですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional