ご予約は早めにメールにて連絡ください!

2016年9月

合計:1856 今日:2 昨日:0


2016年9月の釣果情報


9月24日(土) 野間沖 不明魚種調査 撃沈

先週の雨雨雨で四日市の海は川水が入り、カエルが浮いているだろうね、とWHさんとLINEで話していましたが、水路から霞の堤防まで大水潮でした。これではお魚君もいないでしょうね。霞堤防の南に到着するとWHさんのボートが1隻いるだけで誰もいないのです。魚探にて探査するもタッチーの魚群は見当たりません。1匹だけいるよ!と伝えて野間沖へGo!です。この1匹を釣ったのであればWHさんもすごいね。そんな訳ないか?(笑)キャビンのハッチを開けて走行すると寒いくらいなのです。セントレア北のタチのポイントにもボートは全くいないのです。もっとも、ここも水潮で四日市からセントレア中央までNGでした。南側に行くと水潮も無くなり、数隻のボートがいますので近くに行くとお隣のSKさんでした。SKさんはアオリイカ狙いだとかで、7匹釣り上げたようで、うまいもんですね。という事で私は野間沖の魚道ポイント目指します。アレアレ、今日は水潮の加減か先週のような魚影が見えません。沖アミの生エも持参しましたが、3匹使用しただけでした。9時頃から小雨が降りだしたので、帰港がてらに鳥山を探しますが、鳥山はあってもサワラのジャンプは確認できず、雨も本降りになってきたので10時に沖上がりとしました。幸いにも川越の雲は切れているようで、ゆっくりとガス補充してかたずけができました。タッチー君も釣り飽き、食べ飽きなので、大きくなるまで待って、来週からは少しずつボート整備にかかるとするかな~!でも、湾内ではブリは無理なのでサワラは数匹釣ってみたいのです。柔らかめのロッドでサワラの引きを、もう一度味わいたいのです。
・無風、ベタ凪で、こんな時は鳥山やナブラがあっても良さそうなのですが。。。?
画像の説明

9月24日(土) タチ 1匹、クロ 3匹

今日はWHさんの釣行です。雨が続き海は水潮、これが吉と出ることを期待してしての釣行です。出港準備をしているとYIさんが到着、ポイントの魚群調査をお願いしてひと足早く出港です。港は川からのゴミや流木が多く何時もよりスピードダウンしてポイント着。YIさんは少し遅れて到着、探索しながら廻って、一匹いるとのことで、YIさんは一路野間方面へ。私は広い海の中にひたすら投げるだけ、色もピンク、シルバー、ブルーなど変えますが水潮で海は休養日の様子。諦めかけているとアタリでゲット、連続を期待しても続きません。ポイント移動して黒に変更です。バースには既に船が入っていたり、入港待ちの状態でポイントが限られてしまいます。今日は冷凍フジツボとワームのセットメニューで落としますがアタリがありません。水潮の影響かとタナを深くして探りますとアタリますが、竿も長くした分、取り込みに苦労させられます。これでは年寄りの肘が悲鳴をあげますので、納竿です。 釣果 黒 50から 3枚、タッチー 指 2.5本 1本。
画像の説明


9月17日(土) サワラ調査 撃沈、新舞子沖 タチ 8匹

今日は雨予報の為、中止と決めていたのですが、起床してみると曇りに変更になっていましたので、急ぎ準備して釣行しました。トリトン付近にて小雨が…ここまでくれば仕方がないので決行ですね。幸いにも港に付くとパラパラに、既にWHさんの車があります。LINEで確認するとタッチー君は当たりも無いとの事で6時前発で新舞子に直行です。途中、鳥山らしき物と魚影が映るので30分位、サワラを狙いましたが当たりなし、新舞子着が7時になってしまいました。いるわいるわ、魚影でなくてボートの船団です。このポイントは初めてですが魚影は濃いようですね。潮が意外と早くてボートが流されますが、アイドルのままなので、即、元の場所に移動すると魚影が即、映ります。8時を過ぎると魚影は映るのですが、なぜか全く当たりません。8匹もあれば十分なのでセントレアは通過して小野浦沖~野間沖近辺の本命のサワラの漁場調査に向かいます。先週と同様に広範囲な鳥山らしき物と魚影は映るのですがジャンプは発見できません。キャビンハッチから体を半分だして鳥山を探します。鳥が多くいる所めざして走り回ります。魚影はたくさん映るのですが、当たりは全くありませんでした。さてさてこの魚影は何でしょう。このポイントは魚道になっているのか、魚影が延々と続いているのです。次回はこのお魚君の探査かな。。。?

・深さ16.7mの新舞子途中の魚影ですが、全く当たりませんでした。
画像の説明
・余り近くでは撮影できないので、接触しそうになるので常にアイドリングです。
画像の説明
・名古屋港の航路なので大型船が通過しますが、珍しい大型客船です。
画像の説明
・これだけ釣れれば我が家のお土産は十分なのです。又、数匹ご近所へ行くかな?
画像の説明
野間沖では、深さ30m付近にて、こんな魚影が延々と続くのですが。。。丁度、お昼時なんだけれど、全くあたりませんでした。関係ないかな?(笑)フウ~!疲れた~!
画像の説明


9月17日(土) タチ 10匹、クロ 8匹

今日はWHさんの釣行です。この歳に成りますと、雨の中での釣行は抵抗を感じるものです。少し早目ですが目覚めて外は雨は無い状況です。今流行のポケモンをやりながらと長島に着くと嫌な物が空からですが、此処からでは仕方ありません。出港は渡船屋と同じで目的地も同じくです。ポイントには既に、数隻入っています。朝一はタッチー狙いでスタートします。広い海の中に投げてもと思いながら続けいるとYIさんからのラインです。天気に誘われてとの事ですが、状況を話すといつものポイントへの事。諦めかけていた時、アタリがきましたね~~。タッチー見参、初心者バラシも多く有りましが、ビックリポンの釣果です。クロが必要な事を忘れ、此処で何時も以上に時間を使ってしまいました。ポイントには入港準備で船が待機しています。少し大き目ののワーム珠数掛けですがアタリは少し深くなった気がしますが楽しませてくれます。時間は既に朝食の時間ですので、納竿です。 黒 43㎝から 8枚。タッチー 指3本から 10本。
四日市にもタッチー君が廻ってきたようですね。指3本クラスが混じり今後が楽しみです。
画像の説明
クロさんの顔はあまり見たくないのですが、今日はお使い物との事で仕方がないかな?
画像の説明


9月11日(日)鳥羽沖 ハマチ 2本、野間沖 サワラ 1本

今日は四日市のYIさんと和歌の鳥羽遠征です。夜明けのAM05時に神島と答志島の間を通過して石鏡沖到着するも、鳥山、ナブラ発見できず。ジギング船もいないしボートの数も少ないですね~。安乗沖まで行くも他のボートが釣っている様子もない。40m以上にて真鯛はどこでも良いとの事ですが、タイラバのシコシコ巻き続けるのは日本海で飽きてしもうた。私はキャビンで朝寝で鯛の島まで戻ることに…ボートに確認するとハマチがボチボチだとか、ハマチを2本あげた所で伊良湖水道の深場に移動すると大型遊漁船やボートの船団です。ドラゴン級の太刀魚かと思いきや指2本の小型でした。遊漁船は超大型ですがタチが小型ではやる気にもならないので12時沖上がりです。野間沖にくると「カラスが飛んでラア~!カア~!」じやないチュウの…!ボ~と前を見てないで周囲を良く見て鳥山やナブラを探してと言うのだけれど…サワラのジャンプだ!と言うとイルカでは…と言うし…頭イタッ!数回投げてからジグを切られてヤットやる気になった和歌でした。・・・やったね。見事86㎝のサワラでした。イカッタ、イカッタ!今日は最高の1日だったね。

ハマチ2匹、サバ2匹、真鯛2匹、これは真鯛と言いません。チャリンコで生きていれば放流なのですが。。。仕方がないな~。ベラも好きらしい。少し変わっているのかな?
画像の説明
・オイラの釣った太ったハマチだい。何か養殖ハマチのようでお腹が良く似ているね。
画像の説明
・大型遊漁船とボートの船団で、ドラゴン級と思いきや遊漁船は超大型ですが。。。
画像の説明
・「カラスが飛んでラア~!カア~!」「イルカかな?」じやないチュウの…!
画像の説明
・やっとやる気になって釣り上げたサワラも良く引きますね~!
画像の説明
・ここは動画にしたかったね。
画像の説明
・どうだ!オイラが釣った、これが90㎝弱のサワラだい。
画像の説明
・四日市のYIさんにもきましたが、この後の和歌のタモ入れがまずくて。。。
画像の説明


9月11日(日)新舞子沖 太刀魚 指4本大漁

今日は知多のKKさん親子の釣果です。KKさんがうまいのでチビ君もお父さんゆずりで、すごいのです。本当にビックリポンなのです。チビ君は鳥羽沖でもブリや真鯛も上げているのです。興味のある方は下記URLを確認ください。
http://boat.bsbfish.com/index.php?%E3%83%BB2016%E5%B9%B4
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明


9月10日(土) クロ 3匹

今日はWHさんの久しぶりの釣行です。三週間空けると海の状況も随分変わっているかと思いながらタッチー&黒のダブル狙いです。隣のタッチー先生KGさんは四日市港を外し他を探すとの事で出港です。西風は余り影響が無いとのアドバイスを受け安易な霞前に、既に数隻入っていますが釣果は無いとの事です。餌釣りの方からは反応は少しあるがアタリすら無い。餌釣りの指南を受けながら色々変えながら粘り強く、しかし我慢の限界、黒にチェンジです。水潮を想定して黒のワームを準備しましたが、連日の西風の影響で透け透けです。白ワームの珠数掛けで開始ですが陰に多く浮いていますが口を使ってくれません。奥のパイルの陰に落とすしかなく取り込みに、と思っていると止まりのアタリ、案の定ハリス切れ。7打数3安打で孫のお土産をキープして納竿です。釣果 43㎝から 3枚
台風が去って木金と西風ビュンビュンとなり、条件は最悪のようだね。マア、昨日と異なり、今日は風は無いのでノンビリできたかな。。。写真がハレーションおこしているよ。朝寝して寝ぼけて撮ったのかな。。。まあ、ご老体なのでヨシ!としよう。お隣のKGさんのタチ狙いは新舞子沖は1匹でセントレアにて数匹と余り良い釣果では無いと連絡がはいりました。
画像の説明

9月9日(金) クロ 2匹、 ヒガンフグ 1匹

今日はSSさんの釣行です。出発前、MICSの四日市堤の風速は8mあり中止にしようかと悩んだが、来週の天気が雨マークばかりなのでGO。東の空が少し明るくなった5時ごろ出港、港を出ると煙突の煙は直角だが西風で波はない。川越のバースはタンカーが入港していてアウト。この風ではタッチーは諦め、風裏の霞でシーバスの調査をするが、ボートが流され釣にならない。湾奥の四日市に移動してクロ釣りにチェンジするも、釣り始めた直後の6時過ぎバースから30m離れてくださいのコール。先週は釣れますか、頑張ってくださいのコールだったのに・・・。仕方なく霞のバースにポイント移動。西風で潮はスケスケで時々魚影が見えるが、エサ取りのフグが多く苦戦。パイルの裏側に放り込むとガツンとヒット、強烈な引込に耐え顔を見せたのは40㎝位のレギュラーサイズ。秋クロダイの強烈な引きには、腱鞘炎に注意。続けてもう一匹ヒットして両目が開いたところで、沖上がりとしました。
画像の説明


9月3日(土)太刀魚 26匹、タケノコメバル 1匹

今日は太刀魚の漁場調査です。昨日のSSさんの情報で四日市にはタッチーはいない、SKさんの情報ではセントレアにて一時入れ食い状態との情報なのでセントレア一直線です。AM5時半北先端に到着すると既に10隻ぐらいのボートが固まっています。会話を聞いていると地元のボート仲間らしい。指2本が多いが次々にタチをあげています。魚探を見るとイワシの群れとタッチー君が10mの深さで5~10mの間にウジャウジャいるようです。このような状態では5~6匹入れ食い状態になりますが、魚探反応が無くなると当たりはピタリと止まります。魚影が映る場所に移動すると又、入れ食い状態になり、こういう釣りには魚探は必需品なのです。他のボートに近ずきすぎると、いいよ!私が移動させると言ってくれます。混雑する場所ではお互いこうありたいものですね。マナーの良さを感じた今日のポイントでした。タケノコメバルはテトラに向かって投げたら間違って釣れてきた物で狙って釣った訳ではありません。おいしい外道ですね。(笑)8時を過ぎると当たりもボツボツで8時半沖上がりとしました。5時半から8時半の約3時間の釣果です。指2本は3枚に降ろしてシソと梅を入れてタチで巻いて、5個くらい櫛指しにしてグリルで焼き、レモンをかけて暖かいうちに食べると超美味なのです。またまたビールがすすみました。

画像の説明
・おいしい外道のタケノコメバルです。チャーターボートが狙っているようです。
画像の説明
・探検丸では下記のような魚影になります。こうなると入れ食い状態なのです。
画像の説明


9月2日(金)クロダイ 3匹

今日はSSさんの釣行です。今週は前回の釣行と同様に、タッチーとクロダイのリレーで出撃。四日市の港にカニが居ないようなので、地蔵の港に寄ってカニを30匹程調達。四日市に着きカニ網を上げてみると沢山います。どうやら、水門からの真水の流入で逃げてたようです。4時半に出港し赤灯台に着くと、前回いたボートがすでにアンカー打ってフィッシング中。様子見しながらバイブ、メタルジグをキャストするが、東風が強くボートが大きく揺れて釣りずらい。アタリも無いまま6時も過ぎたので、タッチーは諦めてクロ釣りにチェンジ。エサのカニを振り込んだら、いきなり穂先がスウーと引き込まれた。数度の強烈な引込耐え、ようやく顔を見せくれたのはメタボな脂の乗った40UP。その後、2枚追加して、港の岸壁の潮が下がる前に沖上がりとしました。
画像の説明


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional