ご予約は早めにメールにて連絡ください!

2018年5月

合計:1272 今日:2 昨日:0


2018年5月の釣果情報


四日市港 黒鯛盛期入りか?

WHさんも既に高齢なので2桁は釣りたくないだろうし、また腱鞘炎になっても困るので余り無理は言えないので「爆釣宣言」は出しませんが、あれだけ当たれば「黒鯛盛期入り」としますね。当サイトで「爆釣宣言」が出てからクロ狙いする方もいますのでボート仲間の皆さんはドンドンクロ狙いで釣行してください。(笑)

05月27日(日) クロダイ 1匹

今日はWHさんの釣行です。今日は前日の疲れからか少し寝坊をして、予定を1時間遅れの5時半出港です。静かな海と朝日にお礼を言いながらポイント着です。前回は大船長と一緒でしたのでカラスでしたが、コンビニで調達した新しい疑似餌です。満潮後で潮の流れが速く潮上からスタートしまが、当たればフグの4連荘、しっかりかじりますので餌交換が面倒です。ポイントを移動すると黒のアタリ、引きを楽しみタモ入れで針はずれ。次も、更に次もの3連続のバラシ。気分転換にとポイントを移動すると、珍しくハシリのアタリに合わせを入れ、しっかり針掛り、はたきも終わり少しキズした黒をようやくタモ入れです。調査を兼ねポイントを大きく東に変更してみることに。潮が引いてきましたので無理かなと思いつつ落すと止り、合せるも引きに耐えられずハリス切れ、更に次もハリス切れ、奥から引き出すのはこの年になると無理かと思いながら睡魔に負け納竿です。6打数1安打 44㎝ 1枚。
画像の説明


05月26日(土) クロダイ 14匹

今日はFUさんの釣行です。名古屋港→四日市→名古屋港とランガンしました。名古屋港は活性低く、四日市は流れの効かない場所にポツポツ居ましたが、早合わせすると乗らず、少し送ると離されと言った具合に、なかなかリズムに乗りきれない釣行でした。名古屋港、例年なら40有る無しの外でハタいた走りが釣れ始める頃ですが、全く気配がありません。今年は西回りの魚の方が早いのでしょうか?
画像の説明


05月21日(月)クロダイ 8匹

今日はWHさんと二人で久しぶりの釣行です。クロさんは既に全く興味が無くなっていたのですが、この時期はクロ以外に何も釣れないのでYF27の整備前に同行する事にしました。4STのNewエンジンでの釣行は初めてですがWHさんいわく、ものすごく静かで燃費も良いと驚いていました。AM5時過ぎに出航して左折、橋脚は通過して霞のポイントに向かいます。ボート釣りの場合は干満は余り気にしていなかったのですが、近年は満潮前後が良いとか。。。1本目のバースにクロさんはいなくて2本目、3本目と移動しましたが、私の一番好きな3本目のバースが一番濃かったようです。その後、四日市に向かいますが、四日市と大きなバースでボチボチ当たる拾い釣りと言う所でしょうか?釣果は私が5打数2安打で1匹はハリス切れ、1匹は道糸から切れました。6年前のハリスと道糸では劣化しているかな。。。(笑)WHさんは10打数3安打でしたが、7匹位バラしていました。手首と肘が痛いそうなので合わせのタイミングが遅れるのか?それとも加齢による反射神経の鈍化か?(爆)私も予定通リ2匹上げたので約2.5時間釣行して船員会館にて朝食です。朝食後、私は母船にて朝寝とボート整備です。WHさんは満潮の橋脚狙いで3匹追加してきました。UF21のバッテリ充電用のAC100Vの路上配線が短絡しているようなので次回交換作業を実施します。マア、クロさんは良く釣れるようなので、既にハタキは終了して四日市のクロダイもいよいよ盛期だと思うよ!ちなみに本日のエサは名古屋港産カラスの房掛けでした。
画像の説明


05月12日(土)ハラミチヌ 3匹

今日はWHさんの釣行です。前日の疲れが残っているのか、寝坊して港に5時半着6時出港になりました。潮が大潮前の中潮ですので早朝が良いはずですが・・・。ポイントに着くと既に2艘入っていますがアタリが無い様子ですね。先週の残りでいざスタート、止まりのアタリを合わせると違う引きです。なんとフクです。次も更に次もの3連荘、フクも甘党になったのかとポイント移動です。潮の流れが弱いのでポイントを選びながら落とすと待っていましたと止りのアタリ、テーピングで固めていますが、手首を使わないように合わせを入れ左で竿をさばきタモ入れです。ポイントを移動して2枚追加すると各バースに入港の為に誘導船が入り始めましたので納竿し、朝食・朝寝の時間です。釣果38㎝~3枚。
画像の説明


05月06日(日)ハラミチヌ 8匹

今日はWHさんの釣行です。晴天が続きしっかり休養が出来るとの思いでの釣行です。港に着くと既にYIさんは鰆狙いで出港準備完了していて、80Cmをお願いして大漁をと見送ります。港を出てポイントに着きますが2枚潮でゴム下の狙った所に落とせませんので、パイルの影狙いにします。しかし食い気が無いのかアタリが有りません。気分転換にポイントを移動すると、穂先を抑え込むハシリのアタリですが半分のブドウが帰って来て針には乗りません。次は止りのアタリで合せも確実に、手首の痛みを我慢してタモ入れです。その後はアタリを拾いながら続けるとイケスも黒くなってきたので、別のポイントに入りますがアタリなし、居るはずですが食い気が無いのかとポイントを堤防前に移動します。排水が少なく何時もの渦を巻いた状態でなく流し易くここで1枚追加して、シーバスにチェンジします。この釣りは私には合わないのか数投すると気持ちが折れてしまします。堤防のお友達と再会し状況を聞きますが厳しいとのことで、堤防人口もこの時期にしては休業で寂しくなります。次は朝寝ポイントへ移動して納竿です。釣果 黒40㎝~8枚。
今年はシーバスが絶不調のようですが、クロさんと言うかハラミは絶好調のようですね。ハラミがこんなにあがる年はいまだに経験がありません。昔の事は忘れてしもうたかな。。。?港のカニマンションも大きなサイズで手ごろなカニさんがいないようです。昔は大きなカニは半分にカットして使用していた記憶があります。WHさんはお菓子のグミにて釣果をあげているようなので皆さんも参考にしてください。あたりは止まりと走りが多いようですが、私は止まっても、走っても聞き合わせが好きなので、2年ぶりに一度トライしてみよう。鳥羽方面も風が強くてNGのようなので5月下旬まで、クロさんを2~3匹釣って楽しむかな?
画像の説明


05月06日(日)河芸沖 サワラ 撃沈 & ボート整備 

今日はボート整備の予定でしたが、昨日の14時頃ボート仲間よりサワラが河芸沖に回遊しているとの情報がはいりました。サワラ狙いは海のギャンブルと言われているらしくて、狙って釣れるものでは無いですが、情報が入れば行かねばなるまい。釣れないと判っていても行かなければ絶対に釣れないからね。これが「釣りキチ」と言うものなのです。夜明けと同時に出港しましたが、ボートの数もまばらでトローリングしている船も2,3隻見ただけです。約1時間位ウロウロしてと、オ~イ!サワラ君、隠れていないで出ておいで。。。呼んでも出てくるわけないね。これでサワラ狙いしたので気が済みました。という事で7時頃に沖上がりで帰港して、ボート整備です。スパンカーステーの位置変更して、GPS魚探の電源を変更してと、イケスのビルジは1個ヒューズが飛ぶのでテスターが必要です。また、次回だね。ボートの艤装や修理は楽しいですが、工具を全て持参して無いので先送りが多いのです。海の作業は時間がかかりますが、海の香がして最高なのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional