ご予約は早めにメールにて連絡ください!

バンコクの準備事項

合計:206 今日:1 昨日:0

バンコクゴルフ旅行の準備事項


新規参加者の事前準備


<2023.12更新>

2023.12現在の出国入国手順です。

①税関通過後に右側の窓口にてパスポートに出国の押印を必ずしてください。
 ・現在はパスポートと顔認識システム(写真撮影)のみで出国の押印はありません。
 ・万一現地にて保険使用時に出国証明の押印が必要な為です。
 ・保険会社により異なるようですがあった方が良いでしょう。
 ・日本もデジタル化を推進するのは良い事ですが、この変に落ちがありますね。
②免税店の予約受付センターに一緒に行きます。
③ウイスキー代\4,275+タバコ代\3,600=\7,825です。
③\8,000現金を渡しますので現金にて各自購入ください。
④釣り銭の返却は重くなるので不用です。
⑤皆さんのお名前にて予約しましたのでレシートは必ず帰国時まで保存してください。
⑥帰国時の出国手続きを簡素化する為にVisit Japan Webをスマホにインストールしておくとスムーズに出国できます。
 ・日本への帰国・入国に際しては、ファストトラックを含む「Visit Japan Web」の利用により、入国時における空港での検疫手続きや税関申告等にかかる時間が短縮可能となるため、同手続きの利用が強く推奨されております。
 ・これは結構面倒なのでホテルにて事前検討しておいた方が良いと思います。
⑦帰国時はフリーなので中央のインフオメーションセンターにて駐車券とレシートを見せてください。\6,000以上の買物で¥600安くなります。コロナ前は\1,200でしたが、コロナ後は半額割引になりました。セコイ!と思いますがコロナ時は閉鎖だったので仕方がないですね。
⑧出口手前の駐車料金自動手続きにて支払いください。
⑨駐車場出口はチケットを挿入すれば自動的に空きます。

Visit Japan Webの詳細は下記URL参照ください。

バンコク アルコール&タバコの持込について(2023.12更新)

  • ①アルコールは1本(1000mL)まで
    前回までは1000mLが販売されていたのですが、コロナ過で廃止され500mLのみとなりました。1000mLまでOKなので500mL×2本で1000mLですが、これはNGです。1000mL又は1本までとの事です。缶ビール1本でもカウントされます。
  • ②タバコは1カートンまでで、これは変更有りません。
    ただし、一人が4箱購入して1箱ずつ3名の方に持参してもレシートを見られるそうなので、一人1カートンと言う条件は満たしますが、一人の方が4カートン購入しているのでNGとなるようです。

<対応策>
各自に現金を渡して、現金にて購入してもらう。免税店の予約は注文者と受取人が異なってもOKです。受取人の氏名と注文者が異なっても問題ありません。タイ国際空港はものすごい人数なので調べられる事はまず無いと思いますが、万一の時に運が悪かったでは済まされないので十分な対策が必要ですね。


<2023.02更新>

1.楽天プレミアムカード、プライオリテイパスの取得 
 ・楽天プレミアムカードには申請すればプライオリテイパスが送付されます。
 ・プライオリテイパスは帰路スワンナプーム国際空港のエールフランス航空のラウンジが利用できます。
 ・エールフランスのラウンジはスワンナプーム国際空港の中でも最高のラウンジです。
 ・楽天プレミアムカードには 海外旅行保険が自動付帯されてい るので、楽天損害保険KK(0120‐829‐126)にTELして海外旅行傷害保険 付保証明書を郵送してもらう。(約2週間必要)
 ・バンコクでの怪我や病気の時に300万まで補償可能です。(過去に3名が利用しました)
*その他のゴールドカードについてはご自分で調査してください。
 あれば良い物は、プライオリテイパスと海外旅行傷外付保証明書です。
 ちなみにSIさんのバンコクでの診察料は4万バーツ(約16万)で した。
*空港でのラウンジは使用しない、診察料は現地にて本人自己負担の時は不要です。
*楽天無料カードで飛行機代などを1円以上カード払いすれば保険は使用できるようなのでご自分で調査ください。

2.スマホのタイ用シムの購入
 ・Amazonにてタイ用シムを購入する。滞在日数が14日であれば16日用か7日用2枚(16日用は8日で切れる事があるので購入不可で購入しない方が良いでしょう)2023年2月は2名が8日で切れました)
Amazon.co.jp: AIS NET SIM タイ プリペイドSIM SIMカード
 ・7日用1枚購入してアソークのAISの店に行けば更新可能です が、面倒なので滞在日数分を購入した方が良いと思います。

3.飛行機荷物 
 ・機内手荷物 7kgまで ・預ける荷物 20Kgまで ・ゴルフ  バック 15Kg前後が望ましい。
 ・預ける荷物は必ず20Kg以下にしてください。超過すると$40/Kg(¥5,400/Kg)必要です。
 ・コロナ前はゴルフバックは無料でしたが、コロナ後はスポーツバック代として片道$100(¥13,500)必要になりました。
 ・ゴルフバックが19Kg前後あると生活用品が入っていると思い、開封される可能性があるので注意してください。
  この時は$40/Kgとなり7万前後必要となります。基本的にゴルフ道具のみです。
 ・ゴルフバック代の支払いに時間がかかるので日本でも、バンコクでも一番にカウンターに並びます。
 ・セントレアは07:45集合、バンコクでは18時ホテル発から16時に変更
 ・バンコクでのゴルフバック代のバーツ支払いは日本よりも時間がかかります。
 ・ゴルフバック代を支払い完了後、再度カウンターへ行き搭乗券を受領します。

4.日本出国時のパスポートには必ず出国印を押してください。
 ・最近は顔認証システムで自動出国が可能ですが、右側の窓口にて必ず出国印を押してください。
 ・出国印が無いと海外で保険を使用する時に何かと面倒な事になります。

5.帰国時はホテルにてスマホにVisit Japan Webをインストールして日本入国、帰国の手続を実施しておきます。
 ・検疫、入国審査、税関申告などを事前申請することによりスムーズに入国する事ができます。
 ・結構面倒なので日本を出国前にスマホにインストールして検討しておいた方が良いでしょう。

<参考>ゴルフ国候補の件
2012年12月に沖縄へ行きましたが、雨が多くかぜが強いので中止しました。マレーシア、インドネシアは暑すぎる、フイリピンは島に渡らなければならない、ベトナムは物価が高い、タイのチェンマイは涼しいですがローカルな割に物価が高い、一番近い台湾が良いのですが、やはり物価が高すぎるとの事です。やはりバンコクが全ての面で物価が一番安いという結論になりました。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional